カサロシのログ

消化と記録(ゲーム成分多め)

ディスクシステムで1番熱い対戦ゲーム!? 『アイスホッケー』をレビュー

アイスホッケー(t)

アイスホッケー(g)


【ジャンル:スポーツ】
【発売元:任天堂
【発売日:1988年1月21日】
【定価:2,500円】

熱烈ホッケーゲー(乱闘あり)

 ディスクシステムで発売された本作は、
氷が溶けるほどの熱さを帯びたアイスホッケーゲームである。

 大雑把にアイスホッケーのルールを説明すると、
スティックを使ってパックを奪い合い、
相手方のゴールに入れれば得点を得ることができる……といった感じ。
シンプルなルールがゆえに熱中度は非常に高い。

 参加国は、日本・アメリカ・ポーランド・カナダ・ソビエトチェコスロバキア
6ヵ国。なんとも時代を感じさせる顔ぶれだ。
国によって能力に違いはないので好みで選んでも問題ない。

 選手はガリ・ふつう・デブの3種類から選ぶことができ、
さらにこのなかから4人選んでチームを組もう。
各選手、能力が異なるので自分なりに戦略を考える必要もあるぞ。

 このゲームの熱中度が高い理由のひとつに乱闘がある。
パックを奪い合っていると、ときどき発生するので
Aボタンを連打してパックを死守するのだ!

 実際のアイスホッケーにも“ファイティング”と呼ばれるルールがあり、
選手たちは命がけだ。こちらは単なる乱闘ではなく、
心理戦のような側面もあるので気になった人は調べてみてほしい。
きっと、アイスホッケーの奥深さやドラマに気づくことだろう。

 野球やサッカーのルールすら、いまいち理解していない筆者でも
十分に楽しめたので、スポーツゲームを敬遠している人にも遊んでほしいソフトだ。

【8点】

けっきょく南極大冒険

けっきょく南極大冒険

  • メディア: Video Game
 
氷の上に立つように

氷の上に立つように

  • アーティスト:小松未歩
  • 発売日: 1998/10/14
  • メディア: CD