カサロシのログ

消化と記録(ゲーム成分多め)

ワクチンと胃カメラと忘年会

胃にカメラって正気の沙汰じゃねえ!!

 ご無沙汰しているうちに、すっかり師走になってしまった。
みなさん、お元気? 暖かくして寝てる?
誹謗中傷と罵詈雑言が飛び交うインターネットの最後の良心、カサロシだよ。

 

 

ワクチン

 先日(クリスマス)、2回目の新型コロナワクチンを接種した。
懸念していた副反応は1回目よりも軽く、
語弊を恐れずに言うと俺のなかでのコロナは収束した。
接種会場である保険センターのロビーには、
おいでやす小田氏が火災報知器の交換を促すポスターが貼られている。
“火災報知器は10年で交換やー”とのことだ。
ポスターから例の大声が出ているわけではないが、並々ならぬ覇気を感じた。
コロナを理由に平時と比べると無気力に過ごしがちだった自分を
叱咤激励してくれているようにも思えた。

f:id:Kasarosi:20211229145620p:plain

 

胃カメラ

 去る11月に健康診断で胃カメラ童貞を卒業した。
その日が来るまでは気が気ではなかった。
胃カメラ”という字体がもう恐ろしい。
「カメラを飲ますな! 内臓と光学器械を並列させて、1つの言葉にするな!」
などと思っていたが、当日は鎮静剤の効果で寝ているあいだに終わった。
まったくもって、医学の進歩は偉大である。
しかしながら、心電図の際にゲルを塗られ、
その冷たさから乳首が立ってしまうのは不可避であり、
生物としてのペーソスを噛みしめるながら帰路につくのだ。

 

忘年会

 親しくない間柄の人間と食事をするのは、なかなか酷なものだ。
そんな拷問のような時間が年に1度訪れる。そう、忘年会である。
少し思考を巡らせば、ハトでもつまらないと予測できる寄合ではあったが、
不参加という逃げの一手で切り抜けることはしたくなかった。
自称“おもしろエンタメ人間”である俺のプライドが許さないからだ。
無事、“シラフでもぶっ飛んだトークができるやつ”という、
太鼓判を捺されたのかレッテルを貼られたのか、
いまいちよくわからない称号が手に入った。
「まわりはつまらないやつばかりだ」と嘆いて宴席に出ないのも自由だが、
どんな環境でも自分の力でおもしろくする、
あるいはおもしろがる努力をすれば、
たとえグレースケールの毎日であっても豊かな色調を得られるのではないか。