カサロシのログ

消化と記録(ゲーム成分多め)

おっさんホイホイすぎる! クワイエットと“HD-2D”に魅了された件

おっさんは色香とドット絵に弱い

 先週、『メタルギアソリッドファントムペイン』を無事にクリアした。
まずはクリア記念にハードボイルドツンデレキャラ、
クワイエットさんのサービスカットをいくつか載せていこう。紳士必見!


険しい表情の多いクワイエットたんが、時折見せる微笑の破壊力は抜群だ。

艶っぽい仕草で俺のパイナップル(マークII榴弾)の安全ピンが外れて(ry

さ、誘ってやがる!! 俺たちのアウターヘブンが隆起しちまう!
アウターヘブン蜂起ならぬ、“アウターヘブン隆起”である。


コチラ BIG BOSS ・・・ SOLID SNAKE !
コカンハ ゲンカイ ダ! タダチ ニ ショリ セヨ。
・・・ OVER

 少しばかりメタルギアサーガ完結の余韻に浸っていたが、
膨大な俺の積みゲーたちは待ってはくれない。
積みゲーマーには、一刻の猶予もないのだ。
できればパッケージの積みゲーを崩したかったのだが、
Xbox Game Pass”に加入しているにもかかわらず、
まったく利用できていなかったので次にプレイするゲームは、
Xbox One版の『OCTOPATH TRAVELER』に白羽の矢が立った。

 『OCTOPATH TRAVELER』は“HD-2D”というグラフィック表現が特徴で、
スーパーファミコン後期および32ビット黎明期のような緻密なドット絵と
3DCGによる光源やエフェクトを加えた、温故知新RPGだ。


このグラフィックは、まさに“おっさんホイホイ”。グラフィックだけでなく、BGMや声優の演技もいい!


 “HD-2D”がこれだけいいものとわかれば、同じ技法を用いた『ドラクエⅢ』や
ライブアライブ』のリメイクへの期待も自然と高まる。
クロノ・トリガー』や『ルドラの秘宝』も
“HD-2D”でリメイクしてくれてええんやで。

スクエニ作品にとどまらず、他社の作品も“HD-2D”でリメイクされることを期待しておく。
 話は変わるが、3DSで配信されているバーチャルコンソール
初代『メタルマックス』と『メタルマックス4 月光のディーヴァ』の
ダウンロード版が2022年6月29日の10時をもって配信終了になることが発表された。
親しんできたシリーズではないけれど原点に触れておきたかったので、
初代『メタルマックス』をダウンロードしたぜ!
メタルマックス4 月光のディーヴァ』はプレミアがついているものの、
パッケージ版がほしいから今回は見送ったが、更新データだけは確保しておいた。
興味のある人は、いまのうちに!


シリーズの原点を3DSでしっぽりと楽しもうと思う。