カサロシのログ

消化と記録(ゲーム成分多め)

冷戦のさなかに開発された落ち物パズルの源流がゲームボーイに登場!! 『テトリス』をレビュー

 


【ジャンル:パズル】
【発売元:任天堂
【発売日:1989年6月14日】
【定価:2,600円】

テトリスハイ”になったことがあるかい?

 ソ連のコンピュータ技術者であった
アレクセイ・パジトノフ氏(以下、パジやん)が開発した落ち物パズル
原点にして頂点といえる作品、それが『テトリス』である。

 音声認識の研究者としてソ連科学アカデミー(現ロシア科学アカデミー)で
勤務していたパジやんとその同志は本業が終わったあと、
サイドプロジェクトとしてゲーム開発に精を出していた。
ソ連プログラマの多くは鉄のカーテンをすり抜けてやってきた
パックマン』などの西側諸国のゲームを模倣しようと躍起になっていたが、
パジやんと同志の2人はチームを組み、オリジナルゲームの開発を決起した。
仲間たちとアイデアを出し合うなかでパジやんは子どものころに
よく遊んでいた『ペントミノ』という知育玩具から着想を得て、
ついに『テトリス』を誕生させたのだ。


 オリジナル版はソ連マイコンエレクトロニカ60で開発・動作したもので、
最初に移植されたのはIBM製のコンピュータであった。
その後はさまざまなプラットフォームにアレンジ移植されて、
いまもなお現役でゲーム業界の一端を盛り上げている。


 さて、『テトリス』自体のルーツを駆け足気味にたどったところで、
本題であるゲームボーイ版のレビューをしていこう。
日本で『テトリス』といえば本作だという意見には、
よほどのあまのじゃくでない限り、おおむね賛同いただけるかと思う。
それもそのはず、本作は単体*1としてはゲームボーイ史上国内出荷本数1位の
約424万本を記録。通信ケーブルを使った対戦モードも好評を博し、
ゲームボーイブームの起爆剤になった。

 ゲームモードは前述の対戦モードのほかにも1人でプレイできるモードが
2つある。ひたすらテトリミノを消していく“A-TYPE”と、
あらかじめブロックが配置されたフィールドで
規定数のテトリミノを消していく“B-TYPE”だ。

 BGMは3曲から選べるのだが、
このうちの1曲は初期ロットと後期ロットで収録されている曲が違う。
ほとんどの人の耳に慣れ親しんでいるのは、おそらく後期ロットで聴ける
ロシア民謡“コロブチカ”だろう。初期ロットで聴ける曲、“メヌエット”は
任天堂のオリジナル曲らしい。
初期ロットと後期ロットの見分けかただが、
カートリッジのラベルの刻印で判別できる。刻印が数字だけなら初期ロットで、
数字とアルファベットであれば後期ロットなのだ。

ハイスコアを取ると特別なデモが見られる。こんなところにも米ソ宇宙開発競争の熾烈さが!?

複雑怪奇な権利関係もテトリスを語るうえで避けられない話題だ。

この記事には貴重なオリジナル版の『テトリス』の画像が掲載されている。

 2022年2月24日、ロシアはウクライナへ侵攻した。
現在も被害が拡大しており、ウクライナ難民は1000万人を超えている。
プーチン大統領には『テトリス』のキャッチコピー、
ロシアより愛をこめて”および“ロシアより楽しさをこめて”という言葉を
噛みしめてほしい。そして、ロシアから娯楽の灯が消えるような愚行を
一刻も早くやめていただきたいと一介のブロガーである俺は切願している。

【9点】

*1:さすがに2つのバージョンを合わせた数の『ポケットモンスター 赤・緑』と比べると
少ない。ポケモンは驚異の約822万本。